部分矯正は気になる箇所だけを矯正することができます

負担が少ない入れ歯

レントゲン

高齢者の多くは入れ歯を使用していますが、自分に合ったものを取り入れる必要があります。歳を重ねることで歯は抜け落ちてしまうため、食事や会話を十分に楽しむことができなくなるのです。失った歯の代わりに入れ歯を使用します。入れ歯は口の中にはめて使うため、しっかりと固定することが重要になります。合わないものを使うと、ずれてしまったり外れたりするのです。ずれてしまうと、食べかすが隙間にはいり込んだり、話しづらかったりします。合わないサイズのものを使用することで、ストレスになってしまうのです。川崎区の歯科では入れ歯のストレスを減らすために、患者に合わせた入れ歯を取り入れています。入れ歯の多くは表面が硬い素材を使用されているため、口内に負担がかかってしまうのです。川崎区の歯科では、シリコンデンチャーの入れ歯を取り入れています。シリコンデンチャーはシリコンでできているため、従来の入れ歯と違ってフィットしやすいのです。柔らかい素材で作られているため、強い力で噛んでも負担がかかることはありません。弾力性が高いことから、顎の動きにもしっかりと対応することが可能です。川崎区の歯科では、より快適な食事をするために、負担が少ない入れ歯を扱っています。シリコンデンチャーを取り入れることで、快適な食事をすることが可能です。負担が少ないものを使いたい人や、歯茎を守りながら使用したい人は、川崎区の歯科で相談してみましょう。シリコンデンチャーを使用することで、入れ歯のストレスを軽減させることができるのです。